メンバー活動日記【12月17日】

0

    読書本日はエバリュエーションの日です。


    2017年の締めの講義の日になりますが、1年って本当にあっという間です…
    今年は本当に色々と悔いが残り、自分の馬鹿さを思い知った1年でした。


    これだけ書くとネガティブ思考な発言と思われるかも知れません。

     

    でも、1年を通して後悔出来るくらい何かに打ち込めて、

    自分の馬鹿さを見直させてもらえる環境というのは

    本当にありがたいと、より強く感じた1年でもありました。

     

     

    さて、エバリュエーションの話に入りますが、

    今年の僕の目標は頭角を表してランキングで特定の順位に入る事でした。

     

    …が、達成出来ませんでした。

     


    達成出来なかった原因は全て僕自身にあり、

    その要因も1年を通してAPHという環境が、先輩方が、代表が気付かせてくれました。


    正直、気が付くのが遅すぎましたが、

    気が付けたここからが僕の役者としての価値が問われる日々になると思います。


    また、話が逸れてしまったので元に戻しますが、

    映像を見てまず思ったのはつい最近教わった事が出来ていない事でした。


    むしろ完全に頭から抜け落ちており、自分を全然コントロール出来ていませんでした。


    必死に芝居をするのはもちろん良いことだとは思いますが、

    それで自分自身をコントロール出来ていなければ、教えていただいた技術なんて全く使えず、

    それこそただのアマチュア劇団と同じになってしまうんですね…


    それだけ自分の基礎が出来ていない事と、

    身体に染み付いた癖の酷さを思い知る事が出来ました。

     


    もちろんランキングもいつもと変わらず、

    停滞していた自分に相応しいものとなりました。

     

    悔しいです…。


    来年こそ、観ている人がワクワクするような演技の出来る役者を目指し、

    少しずつでも、前に進んでいきたいです!

     

     

    今年もAPHに、先輩方に、代表に精一杯の感謝を込めて、ありがとうございました!


    良いお年を。

     


    しょこらてぃえ



    メンバー活動日記【12月16日】

    0

      スノボ今年最後の土曜ボイスセッション。

       

       

      最近の自分の課題の一つは下半身です。

       

      腰回りの力みで力が伝わらない。

      現場でも稽古でも腰に負担がかかり、

      足を使えていない。

       

      ずっとそうだったのですが、最近特にそれを感じるようになりました。

       

       

      先週、□□のポイントを教わり

      セッションでも現場でも試していますが、なかなかうまく行きません。

       

      今年最後のセッションでの○○稽古。

      何か掴んでおきたい。

       

      悪戦苦闘する中、

      「○○は前に出てくるけど、力んでるように聞こえる」

      と言われました。

       

      確かに

      自覚はありました。

       

      狙った○○を前に出そうと、他より力んでいるかな、と。

      そこでふと下半身に力が流れない事を思い出し、もう一度立ち方を見直す事にしました。

       

       

      自分は普段から足の前側に力が入っていました。

      現場でも、やや前傾になり、

      足の前側で踏ん張っている事が多かったのです。

       

      自分でも気になっていて、緩めようと四苦八苦していました。

       

       

      そのような状況もあり、

      以前学んだ方法を使って、力を抜いて立ってみる事にしました。

       

      すると、変化が起こりました。

       

      「自然になって○○のポイントも分かった」

      と言われました。

       

       

      改めて、「力」ではないのだ、と感じました。

       

      セッションでも現場でも、

      下半身を安定させるために、スタンスを広めにとって

      踏ん張ってしまった事が原因で、足が使えていないのだと思います。

       

      セッションで代表からずっと言われていた事ですが、

      緩める事ができずに力に頼っていたのです。

       

      現場では、自分の出しやすい声ばかり使えるとは限りません。

      そんな時、下半身が使えていなければ、無理をする事になり体に余計な負担がかかります。

       

       

      これを今年の仕事で実践して、少しでも感覚を掴み来年につなげたいと思います。

       

      今より一つ上の段階を目指して、前に進みます!!

       

       

      けん



      メンバー活動日記【12月10日】

      0

        チャペル今日の演技セッションは、今年最後の本番。

         

        今夏〜秋にかけて、自分が何をターゲットに稽古してきたかということを

        板の上に乗せます。

         


        私は前回の本テスで、これからプロの声優としてやっていくものとして

        ものすごく大きな失敗をしました。

         

        それは絶対やってはいけないこと、

        私の芝居に対して、ここが天井だと思われてしまう重大なことです。

         

        それがどれだけ怖いことか、私は全然分かっていませんでした。

         


        代表にそれを指摘していただいて、改善しようとしたところ

        今度は相手とのお芝居がかみ合わない。

         

        それは頭で考えてガチガチにして、自分のことばっかりになっていたからでした。

         


        その「○○しなきゃいけない」というところだけから離れて

        ■■と△△を大切にしようと思ったら、

        私の色んなところでぶつかったみたいになっていた芝居が、流れ始めました。

         

        頭で考えすぎて柔軟さに欠け、私だけがそこにいなかったんだと思います。

         


        Eさんにはたくさんご迷惑もおかけしましたが

        今回のお芝居では、プロとしてお仕事をやっていくうえで必要なことを

        その分たくさん学んだと思います。

         


        来週のエバリュエーションで、それがどんな風に映っているか確認して、

        来年のデビューに向けてしっかり稽古していきたいと思います。

         


        なづな



        メンバー活動日記【12月9日】

        0

          ホットコーヒー寒い日が続いていますが、よりいっそう、寒さが増してきました。

          体調には気をつけていきたいと思います!


          先週に引き続き、今週も、更に深いところに入っていきます。

          普段使っている自分の身体ですが、

          自分は何も分かっていなかったのだと

          あらためて思いました・・・

           


          通常、人は■■を使って立っています。

           

          しかし、■■ではなく、
          ○○で立てるようにならないといけません。

           


          これが難しいです。


          今までの人生の中で○○で立つという考えは

          全くありませんでした。

          しかし、少しでも触れると、普段とは全く違う感覚がありました。

          とても充実した感覚でした。

           

          またひとつ、体の使い方の本質に触れることが出来ました。

           


          正しい知識を身につけ、正確に丁寧に稽古をして、

          実力をつけていきたいと思います!

           


          糖分



          メンバー活動日記【12月3日】

          0

            鉛筆2落ち着いた雰囲気での演技が自然にできるようになりたいなぁ、と思いました。

             


            座って演技するときに、●●●張って中の筋肉の動きで声が出したかったのに

            全然動かせなかったんです。

            自分の役に対するイメージと自分とのイメージが合わずに、
            落ち着いた雰囲気を出したくてやってみたものの

            そうじゃないって感じになってしまいました。

             


            また普段の自分は落ち着きがないので、
            落ち着いた雰囲気を声を低くする事で表現しようとしたのも失敗でした。

            自分自身の声で落ち着いた雰囲気を出せるようにならなければならないのに

            声を作ってしまい不自然さが出てしまいました。

            どんな姿勢でも思ったような声が出せるように稽古していきたいです。

             


            ただ以前よりも舞台の上に立ったときに、

            さらに周りが感じられるようになりました。

            そこは良かった点です。
             

             

            スパロボブ



            メンバー活動日記【12月2日】

            0

              スノボ本日はボイスクラスです。


              APHにはいろんなレベルの人たちがいるのですが、

              仕事をされた方から、実際の現場でのことを聴くことができます。

               

              今回も3人の方がお話してくださいました。

               


              また、セッションはどんどん深くなっていき、

              これまでのことが、徐々につながっていきます。

               

              これまで使えていなかった身体の使い方で、

              自分の身体の硬さだったり、バランスの悪さがよくわかるので、

              繋がって使えるように、修正していきます。

               


              立ち方について、

              ある立ち方で立つと、一瞬で安定しました。

               

              緊張してくるとふわふわしてしまうのですが、

              これからはこの方法で立ちたいです。

               


              教えていただいたことをルーティンに入れていきながら

              演技にも活かしていきたいです。

               


              くろまる



              メンバー活動日記【11月26日】

              0

                チャペル今日の日曜演技クラスでは
                ツインと共に新しい台本に取り組みはじめました。

                程なくして、代表からあるポイントを教えて頂きました。

                この作品、この役を「私」がやる理由。
                他の人でも良いのであれば、それは他の人でも良いわけで。

                でも「私」でなければならない理由がちゃんとあれば
                その役(仕事)を頂くことが出来るわけです。

                だから「私である理由」をちゃんと置いてこなくてはなりません。

                そのために、台本を開いて、あるポイントを書き込んで・・・。
                 

                そして再びツインとの稽古再開。

                 

                 

                すると面白いことが起こりました!

                無意識のうちに出来上がってしまっていた自分の「枠」からポーンとはみ出し、
                それは最初とんでもない方向に行ってしまい、
                シリアスなシーンがコントの様にまでなってしまったのですが(笑)
                何度か重ねて行くうちに
                最初とは違う、そして最初よりも一段深いところに着地してきたのです。

                それはストレートには辿りつけないとうか
                やろうと思ってひねり出せる場所ではなく、
                一旦はみ出して飛躍したからこそ
                思い付かなかった場所に降りてくることが出来たのでした。

                とても新鮮でした。
                そしてシーンが一つ深くなりました。
                そして、それが「私である理由」になってくるわけです。


                うーん、面白いぞ!これは!!

                ちょうどその二日後にドラマの撮影が入っていたので
                早速現場でも試して、確実に現場の熱が上がるのを感じてきました。

                私である理由・・・しっかり残していきたいです。


                eco



                メンバー活動日記【11月25日】

                0

                  Tシャツ今日は土曜日。
                  ボイスクラスです。

                   

                   

                  中級編に入り、どんどん
                  奥の深いところに入ってきています。


                  どのように体を使い、
                  音を出していくのか。

                   

                  今までの自分の体の使い方とは、
                  全く異なる体の使い方を学んでいます。

                   

                  自分は、体が固いほうなのですが、
                  それを修正していっています。


                  まだ、全然自分の体を
                  うまく使えていないのですが、
                  少しずつ改善はしているように
                  感じます。

                   

                  自分の声の質も
                  変わってきました。

                   

                  演技の時に、
                  自分の声の変化が感じられると
                  やはりうれしいです。

                   


                  さらに稽古を重ね、
                  現場で活躍できるよう
                  どんどん実力をつけていきたいです!

                   


                  OHA



                  メンバー活動日記【11月19日】

                  0

                    チャペル本日は、約1か月に1回の恒例!
                    APH代表による、演技のエバリュエーション(評価)の時間です。

                     


                    先週撮影した、いわゆる「本番」を、大画面モニターを通じて皆で分析します。

                    自分のテーマは色々あるのですが、

                    今回は同じ目線で演じることのできる相手役だったので、
                    相手役を軸にして、自分がコマの様にヒュンヒュン回れる様な構図にすることで、

                    本番ならではの変数を引き出そうとしました。

                    稽古中に出来ていることを目減りすることなく本番の板に乗せ、

                    さらに変数を出して評価を貰う。
                    これを自分の鉄板にしようと日々工夫しています。

                     


                    題材は「龍が如く5」の品田辰雄。

                    今や年末の有名なゲームタイトルの一つですね。

                    ゲームの台本はもともと「プレイヤーが読みやすい」様に作られているので、
                    舞台やテレビの緊張感とは違った「スキ」があります。

                    言ってみれば「作り変えることが容易」なので、

                    実験的にテーマをどんどん盛り込めるわけです。

                    画面で見てみると…。う〜ん、やはり誤差がすごい。ですが括目して見てみます。

                    自分が思ったところと、画面を見ているメンバーの反応がピタッと合うところも数ヵ所あり、
                    「この一瞬か!」と、今でも忘れない様にしています。

                     


                    本質に少しずつ触り始めた感はありますが、まだまだ窮屈で狭い印象です。
                    土曜日のボイスセッションで、身体と精神の使い方を引き続き学びながら、

                    しっかりと役をまとえる自分でありたいと強く思いました。

                     


                    ロティア



                    メンバー活動日記【11月18日】

                    0

                      鉛筆2呼吸の深まる秋です。

                       

                      声優、俳優分け隔てなく在籍するこのA.P.Hですが、全てに共通する要素として、

                      深い呼吸と、そこから紡がれる言霊の深度があります。

                       

                      数年単位でセッションに取り組んできた身として、

                      当初からしてきたことと“ぱっと見は”同じ事をし続けているはずなのに、
                      その内容があまりにも大きく変わってきていることを“呼吸をする度”実感します。

                       

                      自分の作った昔のサンプルボイスなどを確認する機会があったのですが、

                      若さという勢いに満ちておりまして(笑)
                      それはそれでフレッシュな愉快さはありましたが、

                      “今ならもっと面白くやれる!”という自信も生まれてきます。

                       

                      力ワザでなんとかしている内は、これ以上の成長は無い。


                      それを自覚して、一つ一つ正しい稽古を紡いでいくこと、

                      そしてそれを実際にプロの世界で試して研磨していくこと!


                      これが大切な時に来ていることを実感しています。

                       

                       

                      目前に一本試せる現場が控えているので、ばっちり叩き込んで、

                      次の稽古へフィードバックしていきたいと思います!

                       


                      ダイゴ



                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座