メンバー活動日記【5月30日】

0

    5月ももう気がつくと終わってしまいます。

     

    前回まではZOOMでのセッションでしたが、
    今回は、久しぶりにメンバーと会いセッションをしました。

     

    暫く自宅でセッションをしていたので、
    久しぶりに直接会うと全く感覚が違います。

     

    今回もあるポイントを教えて頂きました。
    ここでは詳しくは言えませんが、
    そのポイントに注意をしながら稽古をしてみると、
    今回も色々な事が圧倒的に違いました。

     

    今回の演技クラスの芝居ではペアを組んでいます。
    前回は1人でした。

     

    今回の芝居はずっとZOOMでやっていたため、
    直接会って稽古をすると物理的な事から熱の量まで、様々な感覚が違います。


    やはり直接会って稽古をした方がやりやすいと言う事を感じました。
    ZOOMだと思った以上に縛りが多いのです。
    必要な機器も沢山あります。
    (個人的に身長を活かした芝居は今のところ難しいです。)

     

    しかし、今回私が選んだ台本のシーンは、
    亡くなった母親と息子が会って会話をするシーン。
    これはZOOM用に選びました。

     

    ZOOMは、お互いに個々に画面が別れています。
    私が選んだ台本のシーンは丁度
    お互いに個々に画面が別れている事がプラスになっていると感じます。
    映像としては面白い感じになっていると思います。

     

    直接会って稽古をすると直接会って得られる事が多くやりやすいけれど、
    映像芝居として考えた時、今までに無い誤差を感じ、難しいです。


    正直、戸惑いもあります。
    ですが楽しいという感覚もあります。


    直接会って稽古をした時、自分でも気がつかない新たなクセが出て来ました。
    T先輩、教えて頂きありがとうございます。

     

    私はクセが沢山ありすぎて、
    クセとクセが絡み合ってしまい、
    自分では解決出来ないくらいになっています。

    今、そのクセを一本一本丁寧に解いて消していく作業をしています。


    今回出て来たクセは、身体からのクセです。

    そういう風に直接会って稽古をしないと出て来ない事もあります。

    前よりもクセは少し取れて来たので、
    自分自身でも成長出来ていると感じる事が出来ます。
    早くクセを取っていけるように引き続き稽古をしていきます。

     

    明日は、またZOOMに戻って稽古をし、芝居をします。


    直接会って稽古をした感覚をどうにかZOOMでやる時、
    誤差を埋めれるか、、、とても難しいです。
    得られた感覚が多すぎて、腑に落とす事が大変です。
    オンライン上でやる形態になる前は直接会って稽古をしていたので、
    無意識にやっていたんだなと改めて気づきました。

     

    なんとか誤差を少しでも埋め、更にプラスαで
    ZOOMで出来る事をやっていきたいと思います。

     


    糖分

     



    メンバー活動日記【5月25日】

    0

      これまでやってきた芝居が、

      オンラインに切り替わり、模索しています。

       

      一緒にいれば、相手の呼吸、存在がこちらに伝わってくるのに、

       

      オンラインで、同じように芝居をしようとすると、何かが足りない。

       

      物理的な距離、音声もそうですが、

      同じ空間にいながらお芝居ができていた時は自然にできていたことが、

      オンラインだととても気を配らなくてはいけないことばかりです。

       

      意識をどこに置くのか、相手をどこに設定するのか、

      視線はどこを向くのか、カメラの角度は?背景は?

       

      自分の部屋と目の前のパソコンに対し、

      相手とどうつながるのか、どう熱交換するのか・・。

       

      ZOOMでのオーディションも増え始めているので、

      そこに対応していくための「見せ方」を、

      まさに、今、面白がって勉強中です。

       

      個人的には、ある技術をものにしようと奮闘中ですが、

      セリフへの意識が、欠けてしまい、思ったようにできませんでした。

       

      オンラインでの環境を整えることもそうですが、

      ZOOMで魅せるお芝居をみんなで試行錯誤できるのは、

      APHだからこそです。

      世の中が大変な時、こうしてお芝居が続けられるのも、

      団体のおかげです。

       

      引き続き、充実した稽古をしていきます。

       


      ぺなか



      メンバー活動日記【5月23日】

      0

        今日の土曜クラスでは
        今、世の中で何が起こっているのか
        その中で我々はどうするのか
        改めて、そういったことの講義がありました。

         

        起こっていることがわかると
        世の中の見え方は変わります。

         

        混乱して流されていくのではなく
        自らの意識で、この時代を生きていく。
        それしかありません。

         

        そして、「時間」に対する感覚についての講義。
        中身はここでは書けませんが
        自分では考えたこともないような深いところに入ってきています。
        そのような概念があるのかと、圧倒させられます。


        生き方にも繋がってくるところで
        一朝一夕にどうこうできるものではないですが
        自分自身と向き合って
        進んでいくしかないと思いました。

         

        自分で決めたようにしか進みません。
        しっかりと行きたいと思います。

         

         

        eco

         



        メンバー活動日記【5月17日】

        0


          今週からZOOMでのオンラインセッションが始まりました!
          多少のバタバタなどもありましたが、
          全員の顔を見ながらというのが出来るようになり
          それはすごく良かったなと感じています。
          あと、オンライン独特のタイムラグがかなり減って、ストレスが軽減したと感じました。

          お芝居に関しては、ZOOMというかオンラインのお芝居で求められるものがあるんだということを学びました。
          実際に相手がいてするお芝居と、画面の向こう側にいる相手とするお芝居、
          それを同じようにしてしまうと、観ている人に全然熱が伝わらないのです。
          その点について、代表から△△と××の違いを解説していただき、
          そして生み出す熱の違いというものを教えていただきました。
          今からの時代に求められるものをきちんと出せるように、しっかり準備しておこうと思います。

          そして私は今、自分の使えなかったクセを捨て、
          新しいポジションで語れるように稽古中なのですが
          今まで無意識に使っていた、自分の良いところまでを無くしてしまいそうになり
          本当に大変です。
          稽古していても、あっちを立てればこっちが立たずになることばっかりで
          うわああと叫ぶことばっかりです(笑)

          マニュアルと違って、本質を紡ぐ稽古は一朝一夕で出来るようにはならないから
          そこはもう腹をくくってやるしかない!という風に、私はやってます。
          言葉にすると、なんて大変そうなんだと思われるかもしれません。
          いや、実際その通りです。(笑)
          でも出来ないからこそ、やりがいがあっていいんです。
          乗り越えようと思えるものだから、いいんです。

          何が使えて、何が使えないか
          それをどうしたら使えるようになるのかを、正しく学べるって
          本当になんて幸せなんだろうと、つくづく感じています。
          昨日の私よりも、ほんの1ミリでいいから出来るように、
          自分の可能性を信じて、日々淡々とやっていこうと思います。


          なづな



          メンバー活動日記【5月10日】

          0

            今日はインターネットを通してのセッションが開始されて以来、

            初の本テスでした!

             

            これまで二人で稽古してきたものを

            他のメンバーにもみていただける、

            そして他のメンバーのお芝居が観られる貴重な機会。


            インターネット越しでみるお芝居が、

            果たしてどのようなものになるのか!?

            未知数な中でのチャレンジでした。

             

            画像が粗くなってしまったり、

            多少トラブルはありましたが、

            なんとも不思議な空間が生まれました。

             

            各チームとも、
            この環境だからこそ合う題材を上手くチョイスしていたり、
            画面越しでも同じ空間にいるように

            見えるような創意工夫がされていたりして、
            ちょっとしたことで演劇空間が変化する、

            その面白さを感じられたセッションでした。

             

            この環境を逆手にとって

            インターネット越しでのお芝居を如何に楽しむか…。


            面白がりながら取り組んでいきたいと思いました!

             

             

            みぃ



            メンバー活動日記【5月9日】

            0

              土曜セッションでは声を出すための身体の使い方を稽古します。
               
              この「使い方」というのを最近もの凄く実感します。
               
              土曜セッションで新しく教わった声の出し方をやっていると、
              今まで使っていた部分を全く使わず
              というより「使えていなかった」部分を使おうとしているように感じます。
               
              「使えていなかった」ので使うのが難しい。
              コントロールが全くできない。
              それなりに声を使えるようになったつもりだったので、
              ここまで声を出すのに苦労するとは思いませんでした。
               
              感覚的には野球とサッカーくらい違います。
              今まで手を使ってやってた事を足でやろうとするような。
               
              使えていなかった部分を感じると同時に、
              使えていた部分も感じます。
              そこを使わないと声が出せない。
              クセになっているのです。
               
              それを使わないようにしようとしてもできない。
               
              中級編に入ってから、
              以前から言われていた事のもっと深い意味を教わり始めています。
               
              そこで今の自分が、
              どこをどう使ってる声を出しているのか?を
              もの凄く具体的に説明され、
              自分の事なのに全く分かっていなかった事に驚きました。
               
              もともと自分は高い声しか出ませんでした。
              さらに喉声だったので大きな声を出すとすぐ喉が痛くなりました。
              太く低い声は憧れでした。
              それをAPHに入って初級編を教わり、
              かなり低い声が出るようになってきました。
               
              教わった事を稽古しているうちに低音が出るようになったのですが、
              身体の使い方はとてもざっくりとしか理解していませんでした。
               
              それを今一つ一つ確認して、
              具体的に意識的に「使える」ように。
              わかっていたつもりの部分を本当にわかるように稽古をしていく必要を強く感じました。

               

               

               

              けん



              メンバー活動日記【4月26日】

              0

                あっちを立てればこっちが立たず。

                なんて言って、自分の癖の強さがキツい。
                数も多い。

                ちょっと考えただけでも唇、歯、舌、顎、喉、口の周りだけでも、
                ざっと出した全てに癖がついてる。(実際はもっと細かく大量)


                一朝一夕では取れないし、出来ない事に意識を向けるとヘコむ。

                 

                でもそうではない。
                見るべきは正しい方向!


                言われれば当たり前のことなのに
                あんまり出来ないでネガティブに囚われると出来ない事に意識が向いてしまう。


                出来てないとこは書き出しといて稽古してるときは考えない。

                同じ事を繰り返さないとだけ決めて、正しい形にこそ意識をむける。

                そしていらない癖をなんとしても無くす!

                改めてそう決めました。

                 

                 

                スパロボフ



                メンバー活動日記【4月25日】

                0

                  感染症対策として外出自粛が続いています。

                   

                  私はAPHで教えて頂いた方法と道具を使って
                  『手洗い・うがい』をしっかりやっています。
                  栄養管理についても教えていただいた方法でしっかりやっています。
                  APHではいろんな事を教えていただいてます。

                  昔は、そんな事をやっていなかったので、
                  こういう感染症などに罹ってしまうリスクの方がとても大きかったです。
                  また体調不良などにより、時間も大幅に無駄にしていました。
                  教えて頂いてからは、きちんと習慣にしています。
                  結果、現在はそのようなリスクから離れました。
                  また健康でいつでも動くことができるので、やれる事が増えました。
                  良い事だらけです。

                   

                  ここのところのセッションは集まることはできませんが、
                  ネット通信を使用して、自宅にいながらセッションできています。
                  今の時代だからこそ、出来るものだと思います。
                  本当に凄い事だと感じます。

                   

                  今回はまず、世界がどのような事になっているのか。
                  表と裏のお話でした。内容が濃いです。
                  世界はもの凄い勢いで変化をしています。
                  そんな中で正しい情報が凄く重要です。
                  情報の正しさを見極める力を持つ事は大切だと改めて思います。
                  間違った情報をいくら手に入れても何も意味はない事ですし、
                  その間違った情報を使って行動してしまっては、
                  最悪な結果をもたらしてしまいます。
                  気を付けないといけません。

                   

                  そしてその情報がある中で私達はどのようにしないといけないのか。

                  このお話を聞き、これまで過ごした時間、人物、色々と当てはめてみました。
                  時代の変化が激しいのでとても大変ですが、その中でも対応出来ている人は出来ています!
                  私は、まず圧倒的に足りないものがあると言う事に気づく事が出来ました。
                  圧倒的に足りないものを少しでも早く身に着けて、対応出来る人になっていきたいです。
                  新しい時代に入っていく中で、最先端の物と体についてのお話もありました。
                  驚愕でした。
                  しかも、今使っている物ですら、
                  体に影響が出てしまっているのがあるとのこと、、驚きの連続です。
                  私は、直ぐにその物を使うのを止めました。
                  最先端の物を使うにしても、体とのバランスを考えないといけないと、改めて思います。

                   

                  ボイスでは、いくつかのあるポイントを教えて頂きました。
                  とても難しく『足りていない所』が直ぐに出て来ました。
                  どれだけ普段私は、体に良くない使い方をしているのだと、改めて感じました。
                  少しでも、正しい方向に触れる感覚があると楽しいです。

                   

                  最初から最後まで、毎回驚きの連続ですが、
                  このゴールデンウィークを楽しみながら淡々と稽古をやり続け、
                  世界の変化に対応し続けていきます。

                   


                  糖分

                   



                  メンバー活動日記【4月19日】

                  0

                    こんな状況でも、自分の部屋にいながら、APHのセッションに参加できることは有難いです。

                     

                    ネット通話でのセッションは新しい取り組みで、とても不思議な感覚です。

                     

                    メンバーそれぞれがいる空間が違っても、とっても濃い時間を共有できるので、

                    結局は、どういう状態でも、起因に立って参加することに意義があるなと。

                    面白いから、引き込まれて、結果集中しているんです。


                    そして、肝心なお芝居に関しては、画面で向き合うよりも、

                    「音だけ」にする方が、相手のセリフをいつも以上に聞いてる感覚がありました。

                     

                    今回は、セリフの語尾に意識を置いて取り組みましたが、

                    ものすごく集中しないと自分のクセがバンバン出てきます。

                    そして、「音だけ」にすることで、余計自分のクセが気になる・・。

                     

                    今回は受け手として、「相手が求める世界観にできるだけ近づきたい」と思うのと同時に、

                    「私の◎◎って何だろうか?」と、やりながら探っています。

                     

                    これから、どんどん仕事をして、さらに質を上げていくために、私の武器が必要になります。

                    今は、その技術を身に着けるために、個人レッスンで細かい部分を教わりますが、

                    いざ芝居で相手と絡むとなった時に、どう応用させるか・・・。

                     

                    段階を踏みながら、私のクセを●●にしていけるように、稽古していきたいと思っています。

                     


                    現場ねこ



                    メンバー活動日記【4月18日】

                    0

                      オンラインでのセッションも3週目、
                      随分慣れてきたと同時に、熱量は全く衰えることがありませんね!

                       

                      今、世の中で何が起こっているのか。
                      だから、今何をするのか。
                      そこから繋がっての稽古は、より意味深いものになってきています。

                       

                      どんな状況であっても
                      自分の中心をぶらさずにそこに居て、今すべきことをただやるだけ。
                      本当にそれだけなんですよね。
                      そのために、どんな稽古をするのか。どんな自分になるのか。

                       

                      こうして稽古が出来る場があるという事は
                      本当に有難いことです。

                       

                      オンラインならではの内容になってきているところもあり
                      特別な時間になっています。

                       

                      「自分の部屋」という空間に居ながら、
                      自分一人で稽古する時と、(オンラインで)集って稽古する時と、

                      それぞれのメリハリもあり、
                      空間が変わる不思議な感覚もあり。

                       

                      この状態がいつまで続くのかわかりませんが、
                      それでも、稽古するという事には何も変わりはない。
                      それ自体が、ぶれない自分を作ることなんだと、しみじみ思います。

                       

                      今この環境を、最大限に活かしていきたいと思います。

                       

                       

                      eco

                       



                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座