<< メンバー活動日記【4月26日】 | main | メンバー活動日記【5月10日】 >>

メンバー活動日記【5月9日】

0

    土曜セッションでは声を出すための身体の使い方を稽古します。
     
    この「使い方」というのを最近もの凄く実感します。
     
    土曜セッションで新しく教わった声の出し方をやっていると、
    今まで使っていた部分を全く使わず
    というより「使えていなかった」部分を使おうとしているように感じます。
     
    「使えていなかった」ので使うのが難しい。
    コントロールが全くできない。
    それなりに声を使えるようになったつもりだったので、
    ここまで声を出すのに苦労するとは思いませんでした。
     
    感覚的には野球とサッカーくらい違います。
    今まで手を使ってやってた事を足でやろうとするような。
     
    使えていなかった部分を感じると同時に、
    使えていた部分も感じます。
    そこを使わないと声が出せない。
    クセになっているのです。
     
    それを使わないようにしようとしてもできない。
     
    中級編に入ってから、
    以前から言われていた事のもっと深い意味を教わり始めています。
     
    そこで今の自分が、
    どこをどう使ってる声を出しているのか?を
    もの凄く具体的に説明され、
    自分の事なのに全く分かっていなかった事に驚きました。
     
    もともと自分は高い声しか出ませんでした。
    さらに喉声だったので大きな声を出すとすぐ喉が痛くなりました。
    太く低い声は憧れでした。
    それをAPHに入って初級編を教わり、
    かなり低い声が出るようになってきました。
     
    教わった事を稽古しているうちに低音が出るようになったのですが、
    身体の使い方はとてもざっくりとしか理解していませんでした。
     
    それを今一つ一つ確認して、
    具体的に意識的に「使える」ように。
    わかっていたつもりの部分を本当にわかるように稽古をしていく必要を強く感じました。

     

     

     

    けん



    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座