<< メンバー活動日記【4月1日】 | main | メンバー活動日記【4月8日】 >>

メンバー活動日記【4月7日】

0

    スノボ現在、ボイスクラスはいよいよ本格的な中級編のドリルに入りました!

     


    今まで解らなかった、人体に関する謎が次々と解き明かされていく

    「NHKスペシャル シリーズ人体」級の驚き(笑)と、

    「全身の細胞が一瞬で活性化されるような体感と感動」をもって、

    毎週、身体とボイスに関する秘密が徐々に解き明かされています!!


    今まで考えてもみなかった視点、知識、身体の使い方、新しい感覚が出てきて

    「自分たちは如何に西洋の文化に毒され、

    本来の身体の使い方を忘れてしまっていたのか」

    を痛感させられます。


    「ボディーヴォイス」は厳しいけれど、

    そこには「確かな本質」が宿っていて、

    そこに「役者としての希望と可能性」を感じます!


    思えば、今まで自分は養成所や劇団に所属し、

    色んな発声、発音、滑舌等の練習をしてきましたが、

    殆ど全てにおいて「こんなことやって何になるんだ?」

    と正直疑問に思っていました。

     

    学生時代には、演劇部の発声練習なんかが聞こえてくると、

    聞いてるこっちが恥ずかしなり、目を伏せてしまうタイプの人間でした。

    それ位、発声、発音等の練習が嫌いで、ダサい!と思っていた自分が、

    気が付けば夢中で「ボイスのドリル」をやっているではないか…!!

    と今気が付きました(笑)

     

    「ボディーヴォイス」には「プロの現場での実践」に裏打ちされた

    「明確な理論と技術」があり、実際に変化をもたらし、

    かつ深い所までアプローチできる…そんなボイス体系には、

    今まで出会ったことがりませんでした!

     

    何よりも「やっていて楽しい」のです!!

     


    中級編は一言で言うと「●」です!!

     

    この技術を「正しく」積み重ねていけば、芝居やボイスの「●」は勿論の事、

    人生に対する視点という「人としての●」も変わっていく…

    自分はそう感じながら日々ドリルをしています。


    中級編は守秘義務があるので具体的に書くことはできませんが、

    それ位強力な技術ということであり、また「正しく積み重ねていく」事が

    とても大事だから、だと自分は捉えています。


    そして、この「正しく積み重ねていく」先に見えてくるものこそが

    「芸事の世界」であり、その道を進んでいくことが、

    自分が学生時代から強く想っていた「本物の役者」になる道だと信じて、

    今日も浮かれず落ち込まず、淡々と進んでいきたいと思います。

     


    メダカズキ



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座