メンバー活動日記【9月29日】

0

    自分の中にある固定観念。

    これが厄介なことに、こうしたい、ああしたいと言う欲求とぶつかる。

    特に1人稽古の時に。

     


    でも人と稽古をすると、自分の足りないところがより鮮明に見えてくる。

    ●●からの流れでココの音を上げれられたら、面白いと思っていました。


    固定観念が邪魔をして届かずにもどかしく感じていたところ

    ヒントが相手のふとした一言で見つかりました。

     


    これを切っ掛けに自分の固定観念を吹っ切り、

    そこに行けるように稽古をしていこうと思います。

     

     

    スパロボブ



    メンバー活動日記【9月23日】

    0

      だんだんと肌寒くなり、秋らしさを

      感じられるようになってきました。


      APHでは『稽古の秋』です。


      しっかり行きたいと思います。

       


      今日は本テスでした。


      共通のテーマがあるので、

      メンバー一同そこに向かって取り組んでいるのですが、

      そこに向かう角度は様々です。

      ディレクションをとっていただきながらの本テスは、

      緊張しますが、とても良い稽古になります。


      いざ現場に出た時に、何を求められているのかを瞬時に理解できるのか、

      そして、実際それが表現できるのか…。


      私の場合はまだまだその理解力も表現力も足りないな、

      と感じたので、柔軟に切り替えられるようにならねば、と反省しました。

       


      稽古の秋、深めます!

       


      みぃ



      メンバー活動日記【9月22日】

      0

        土曜日は、引き続き●●の稽古です。

         

        日曜日のツインであるIさんと●●ドリルをさせてもらったのですが

        自分がいけた!と思う瞬間と、Iさんがニヤッと笑ってくれる瞬間が同じで

        二人でものすごく感動しました!

         


        ●●ドリルをしていて感じるのは

        自分の得意な音と苦手な音が、明確になることです。

         

        私はとにかく「い」が苦手で、なかなか□□□が出来ずに

        途中で×××してしまいます。

         

        とにかくそこをしっかり稽古しようと思いました。

         


        あと、自分の喋り癖です。

         

        ●●ドリルをやると、私はいつも■■はこういう感じで入るな

        とかいうのも、よく分かるんです。

         

        それをあえて色んな■■でやってみたのですが、これが結構難しい。

         

         

        でも、これまで凝り固まっていたものや

        今までの何となく「この○○○で」というものから、

        一度離れてみるというのは難しいけれど、すごく稽古になりました。

         


        そして、土曜日で稽古したものを

        日曜日の本番でしっかり使いたいと思います。

         

         

        なづな



        メンバー活動日記【9月16日】

        0

          秋、APHで学ぶ技術も徐々に深くなっています。

           

          ボディボイスは奥が本当に深いのです。

           

          これまでの呼吸や、横隔膜、舌の動き、口中の動き等が

          技術を通じて、徐々に一つになり、

          さらに今、○○という力が加わっています。

           

           

          私は、今まで自分がどうやって声を出しているかということに鈍感でした。

           

          だいたいは、わかっていました。大雑把にはわかっていました。

           

          それで、現場に出てました。

           

           

          求められている声があってそれで、現場では何とかやってきました。

           

          しかし、それは一流とはいえないのだと技術を学びながら、感じています。

           

           

          今精密な音の出し方をそれぞれが学んでいて、

          各自が稽古を進めています。

           

          そして、板の上で代表の的確な指示を頂き、

          台詞を話すと、見事に響きが変化します。


          音に奥行きが出てきます。

           

          空間にも奥行きが出てきます。

           


          ボディボイスってすごい!!


          私も技術を身に着けて、板の上を充実したものにしていけるように

          再来週の本番に向けて準備したいと思います。

           

           

          現場でピタっと決めるためにも、

          この秋で何とか自分の一音を見つけていけるように、

          稽古を進めていきます。

           

           

          ふわふわり



          メンバー活動日記【9月15日】

          0

            今日のボイスクラスでは

            新たに次の段階の技術を教えて頂きました。


            わぁお!身体のそんなところをそんな風に使うのか・・・と

            感覚だけでやっていては全く到達できない、

            やはり「技術」なのだと、改めて思わされました。

             


            さらに、これまでに教えて頂いたことを鍛えてきていないと

            その次をやることは出来なくて。


            どの世界の技術もそれは同じこと。

             


            自分は随分長い間、感覚に頼ってきてしまっているところがありましたが

            「技術」が必要な局面に、今本当に入ってきていると思います。


            それをAPHでは学ぶ事が出来るのだから

            これから更に起因で、「技術」をオモシロガッテ自分のものにしていきたいと思います。

             


            eco



            メンバー活動日記【9月9日】

            0

              秋になりました。


              セッションではひたすら実践です。

               

              土曜では新たな音のポジションを作ろうと必死です。

               


              今日の演技セッションは本テスです。

               

              自分は年齢もあり、父親役を振られる事もよくあります。
              一応こなしていますが、
              もう一段階自分の芝居のレベルを上げたい。


              その役個人の視点からではなく

              もう少し広い視点で演じられるようになりたい。
              それは役だけでなく、作品の土台を支えられる芝居を

              したかったからです。

               

              そのために今回は「父親」役をやってみる事にしました。


              父親は一番身近な責任者だと思います。


              同じ年齢でも家族に対する責任を持っている父親は、

              個人とは違う考え方になります。


              少しずつ。


              本当に少しずつですが、自分自信、役、と
              責任の幅を広げていきたいのです。


              これが大変なんですが。


              自分自身の父親との事もあり、
              こんな時どんな気持ちだったのだろう?と考えたりしました。


              大変だっただろうな。


              家族に限らず、責任の幅が広がると背負う重さがはっきり変わるのが

              現場で感じられました。

               


              これを楽しめるか?


              新しい領域にチャレンジしたいと思います。

               


              けん



              メンバー活動日記【9月8日】

              0

                本日は代表から非常に深いお話しがありました。

                 

                「芸事に向かう姿勢」についてです。

                 


                2018年も秋に入り、これからAPHは本格的に中級編に入ろうとしています。


                芸事へと向かっていく人、その手前で弾かれてしまう人のどちらかに、

                芸事の神からの選別が、自然と行われているように感じます。
                その人が口先でどんなことを言っていても関係ありません。


                浅い所ですぐできたと思ってしまう人、深刻な人、浮かれてる人、何も積み上げない人、

                直面しないで逃げてしまう人、トーンが低く正当化してしまう等、

                そういった人達は全て、弾かれてしまうように思います。


                芸事へと向かう道は本当に厳しい。そう感じます。

                 

                しかし「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分である」と代表は常々仰っています。


                今ある現実は全て自分のせいなのです。
                だとしたらそれは希望だと自分は感じます。


                逆に言えば、これからの自分の行動次第で、全ては変えられるという事だからです!!

                 


                自分は今、どちらに進む人間なのかを丁度突き付けられているところです(笑)


                自分はこれから、厳しい戦いが予想されており、

                正直言って結果はどうなるか全くかわかりません。


                しかし、代表のお話を聞く中で、自然と自分の中にある想いが浮かんできました。


                それは「どんな結果になろうと、最後まで、やるべき事を精いっぱいやり抜こう。」

                という非常にシンプルな言葉でした。


                静かにそう決めた瞬間、あれだけ焦っていて、不安で、落ち着かなかった心が、

                ストンと深い所に落ち着きました。


                そして

                 

                「今の自分がどれだけ未熟で、色々な事が遅々として進まず、

                それらにジレンマを感じていても、それら全てを腹に落として明るく、淡々と進もう。

                そして、一つ一つのAPHの技術を理解し、それをできるようになる所まで、

                焦らずしっかりと練っていこう。」

                 

                そう思いました。

                 


                代表のお話によりこの気持ちに辿り着く事ができました。

                 

                代表、本当にありがとうございました!


                自分にとって今年の秋は、深く深く、充実したものになりそうです。

                 

                 

                メダカズキ



                メンバー活動日記【9月2日】

                0

                  本日は、日曜日。演技クラスです。

                   

                   

                  今回も、あるコメディを取り上げ

                  それを演じていきます。

                   

                  目標は、まず、スピード感を出すことです。

                   

                  もちろん、コメディですので、

                  笑いを取れるようにいきたいです。

                   

                   

                  かなり難しい題材で、

                  稽古を積まないと

                  面白いものにはなりません。

                   

                  やはり、この題材に関しては

                  とにかく稽古が大事だと思います。

                   

                  何か小手先のことをやって

                  上手くいくとは思えません…

                   

                   

                  前回この題材を選び、

                  上手く演じる事ができませんでした…

                   

                  今回こそは、しっかりと準備をして

                  クオリティ高くいきたいです。

                   

                  笑いを取れるようにしたいと思います。

                   

                   

                  OHA



                  メンバー活動日記【9月1日】

                  0

                    本日は、ボイスクラスです。

                     


                    今、自分の台詞を○○で相手に入って行く稽古をしています。

                     

                    その○○の稽古でも、いくつか段階があります。

                     

                    自分の今ある武器を使って○○の稽古をしていますが、中々触る事が難しいです。

                    ○○の感じを少しでも掴む為、個人的にある場所まで行って体験してきたお陰で、


                    前よりも少しは触る事が出来たと思いますが、先輩の台詞を聞くと○○感じが全く違います。

                     

                    お仕事をしている先輩は、
                    やっぱり違うなあ、と改めて思いました。

                     

                     

                    今やっている事については、
                    さらに稽古が必要だな、と感じていますが、
                    稽古出来る事自体がとても楽しいです。

                     

                    今やっている事を、もっと深めたいと思います。

                     

                     

                    そして日曜日は、新しい台本を使って芝居をします。

                     

                    土曜日でやっている事を日曜日に持ち込んで、変化を示し、結果を出していきたいと思います。

                     

                     

                    糖分



                    メンバー活動日記【8月26日】

                    0

                      昨日に引き続き、
                      前半は高円寺の阿波踊りセッション、後半は「私の1曲」を持ってきて聴きました。

                      毎年観させていただいていますが、
                      お祭りの雰囲気を堪能しながら、阿波踊りのパフォーマンスに興奮します。


                      毎年観ていると好きな連も出てきたり、
                      楽しみ方が濃くなっていくように思います。

                       

                      個人的に期待と思っていた浴衣も着れ、
                      また途中で美味しいスイカもお腹がいっぱいになるほどいただき、
                      この2日間で夏を思いっきり満喫しました。

                       

                       

                      後半は昨日流せなかった人の「私の1曲」と、
                      また1曲に絞り切れない人が別の曲を流しました。

                      私も1曲には絞られず、昨日と今日2回流させていただきました。

                       

                      自分が普段聴いている音よりもさらに音が聴こえ、
                      また柔らかでかつ深い音で聴こえてきます。

                       

                      私は歌詞というよりは曲の雰囲気が好きで、
                      広い夜空や風や光を感じられるものが好きです。


                      良い音で聴くことで、その曲の世界観に、より深くどっぷりと浸ることができました。


                      自分の好きなところはやっぱりここだなとも思いました。

                       

                      自分の過去からずっと聴いてきた、自分の中心のような曲を
                      一人で聴くのではなく、いろんな人とその曲を共有できたということを
                      非常に嬉しく思います。

                       

                      また他の方の曲も、その人の印象とは全然違ったもので驚いたり、
                      自分も好きな曲、聞いたことのある曲に興奮したり、
                      反対に聞いたことのない曲との出会いを楽しんだり...

                      本当にいろんなジャンルの曲があり、ここまでバラバラな鑑賞会もないと思いますが、
                      いろんな世界観を感じられて楽しかったです。

                       

                       

                      本当に濃い夏の2日間でした。

                       


                      くろまる



                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座