☆24期生 生徒募集!!

0


    アクターズ・プレイ・ハウス
    24期生 生徒募集要項!


    アクターズ・プレイ・ハウス(以下APH)では、
    プロを本気で目指している方向けの各種カリキュラムをご用意しております。

    ボイスクラス・演技クラス・個人レッスン・通信コースなど、
    週1回のコースからご相談に応じております。

    著作権等があるため、プロ輩出実績は、体験レッスン時にご確認ください。

    詳細はこちらをご覧ください。

    http://aph-1.com/recurutement/



    メンバー活動日記【9月2日】

    0

      本日は、日曜日。演技クラスです。

       

       

      今回も、あるコメディを取り上げ

      それを演じていきます。

       

      目標は、まず、スピード感を出すことです。

       

      もちろん、コメディですので、

      笑いを取れるようにいきたいです。

       

       

      かなり難しい題材で、

      稽古を積まないと

      面白いものにはなりません。

       

      やはり、この題材に関しては

      とにかく稽古が大事だと思います。

       

      何か小手先のことをやって

      上手くいくとは思えません…

       

       

      前回この題材を選び、

      上手く演じる事ができませんでした…

       

      今回こそは、しっかりと準備をして

      クオリティ高くいきたいです。

       

      笑いを取れるようにしたいと思います。

       

       

      OHA



      メンバー活動日記【9月1日】

      0

        本日は、ボイスクラスです。

         


        今、自分の台詞を○○で相手に入って行く稽古をしています。

         

        その○○の稽古でも、いくつか段階があります。

         

        自分の今ある武器を使って○○の稽古をしていますが、中々触る事が難しいです。

        ○○の感じを少しでも掴む為、個人的にある場所まで行って体験してきたお陰で、


        前よりも少しは触る事が出来たと思いますが、先輩の台詞を聞くと○○感じが全く違います。

         

        お仕事をしている先輩は、
        やっぱり違うなあ、と改めて思いました。

         

         

        今やっている事については、
        さらに稽古が必要だな、と感じていますが、
        稽古出来る事自体がとても楽しいです。

         

        今やっている事を、もっと深めたいと思います。

         

         

        そして日曜日は、新しい台本を使って芝居をします。

         

        土曜日でやっている事を日曜日に持ち込んで、変化を示し、結果を出していきたいと思います。

         

         

        糖分



        メンバー活動日記【8月26日】

        0

          昨日に引き続き、
          前半は高円寺の阿波踊りセッション、後半は「私の1曲」を持ってきて聴きました。

          毎年観させていただいていますが、
          お祭りの雰囲気を堪能しながら、阿波踊りのパフォーマンスに興奮します。


          毎年観ていると好きな連も出てきたり、
          楽しみ方が濃くなっていくように思います。

           

          個人的に期待と思っていた浴衣も着れ、
          また途中で美味しいスイカもお腹がいっぱいになるほどいただき、
          この2日間で夏を思いっきり満喫しました。

           

           

          後半は昨日流せなかった人の「私の1曲」と、
          また1曲に絞り切れない人が別の曲を流しました。

          私も1曲には絞られず、昨日と今日2回流させていただきました。

           

          自分が普段聴いている音よりもさらに音が聴こえ、
          また柔らかでかつ深い音で聴こえてきます。

           

          私は歌詞というよりは曲の雰囲気が好きで、
          広い夜空や風や光を感じられるものが好きです。


          良い音で聴くことで、その曲の世界観に、より深くどっぷりと浸ることができました。


          自分の好きなところはやっぱりここだなとも思いました。

           

          自分の過去からずっと聴いてきた、自分の中心のような曲を
          一人で聴くのではなく、いろんな人とその曲を共有できたということを
          非常に嬉しく思います。

           

          また他の方の曲も、その人の印象とは全然違ったもので驚いたり、
          自分も好きな曲、聞いたことのある曲に興奮したり、
          反対に聞いたことのない曲との出会いを楽しんだり...

          本当にいろんなジャンルの曲があり、ここまでバラバラな鑑賞会もないと思いますが、
          いろんな世界観を感じられて楽しかったです。

           

           

          本当に濃い夏の2日間でした。

           


          くろまる



          メンバー活動日記【8月25日】

          0

            今回は特別なセッションです。

             

            そのセッションでもっと耳を鍛えねばと改めて思いました。


            何を当たり前なことをいっているのか?と言われると思いますが、
            今回、自分たちが普段聞いているCDや思い入れのあるCDを、
            良いオーディオで聞かせていただいた事で、さらに実感を持つことが出来たのです。


            みんなが持ち寄ったCDを聞いていく中で、

            ある女性ボーカルの高音で伸びやかな声を聞いたときにヘッドフォンでは限界があるなぁと、

            ちゃんとステレオから聞かないとこの様には感じられないなぁと。


            今の部屋ではヘッドフォンで聞くのがベターではあると思いますが、

            それでは感じきれないものがあると改めて実感しました。

             

            環境を整えて良い音楽をかけるようにして耳を鍛えねばならないと思いました。

             

             

            スパロボブ



            メンバー活動日記【8月19日】

            0

              休み明け一発目の日曜は、休み前に撮った本番のエバリュエーション(評価)と、

              集中力を上げるためのやり方を教えていただきました。

               


              エバュリエーションでは、
              中級編に入ったことで、より厳しい評価となってきています。

              どうしたらプロでやっていけるのか、が基準なので、

              そこで厳しいな、と思う私は考え方を変えねばならないな、とも思いました。

              この夏、個々のテーマもあるわけですが、メンバー共通の大きなテーマがあり、

              そこができているか、そこに向かえているのか、

              というのが大事な評価のポイントとなります。


              私はというと、全然足りなかった!というのが正直な反省です。
              残りの夏、後悔しないように、方向修正して徹底的にやるぞ!と思い直しました。


              集中力を上げる方法については、とても簡単!
              これで集中力が本当に上がるの?
              と思うくらいに、やることは簡単でした。

              どうやって集中するか、その集中している空間を創るのか、その重要性も再認識しました。


              実りある秋を迎えられるように、残りの夏、突き進みます!

               


              みぃ



              メンバー活動日記【8月18日】

              0

                土曜日のセッションは引き続き●●のドリルです。

                 


                私は来月末に大きなオーディションを控えているため

                Tさんとツインを組ませてもらい、みっちりドリルをさせていただきました。


                やはりさすがプロのTさん。

                私とは伝わり方が全然違います。


                特に台詞とは違ってナレーションだと●●と××を一つにというのが
                すごく難しいんです。

                どんな××なのかしっかり意識しないと、

                ただただ文章の羅列を読むだけになってしまう。それでは意味がありません。

                 


                あと、喋り方の癖や苦手な音が、ものすごくよく分かります。

                私の場合は「い」の母音が語頭に来ると、とたんに浅くなってしまう。

                そして、なぜか二行目からエンジンがかかります。(苦笑)


                そこをリーダーのNさんからいただいたアドバイスをもとに

                苦手なところと乗って喋っているところの差を埋めていきました。

                 


                今まで、自分の音に頼って雰囲気でやるナレーション「風」しか

                やってなかったことに気づいて

                説得力がある読みって●●があるものだったんだなと実感しています。

                音や読み方も大事ですが、まず●●が使えるようになれば

                相手に伝わるものが圧倒的に変わるんだ!と。


                極端な話、「山芋」という言葉ですら

                ●●と××が入れば、めっちゃ「山芋」って感じで伝わるんです(笑)

                 


                秋に向けて、さらに●●のドリル・ドリル・ドリル!を

                やっていきたいと思います。

                 


                なづな



                メンバー活動日記【8月5日】

                0

                  本日は、演技クラスの本番です。

                   

                   

                  今回は相手役のOさんの題材で、

                  人気喜劇作家Mさんの台本をベースにした喜劇をやりました!

                   

                  実は前回の撮影でも、

                  OさんはYさんと役を入れ替えてこの台本を演じており、

                  観ていて「難しそうだなぁ」と思っていたので、

                  上手くやりきることができるかドキドキして臨みました。

                   

                   

                  結果は全くの撃沈でした…(笑)

                   

                  良い結果にならず悔しい限りですが、

                  シリアスをやっている時とは全く違う板の温度感や、

                  空気感を肌で感じることができ、

                  正直めちゃくちゃ勉強になりました!

                   

                  今まではコメディ系の作品をやると、

                  自分でドン引いてしまい、

                  なんの収穫も得られないネガティブな失敗を繰り返していました。

                   

                  でも、今回初めて、最後まで心折れずに前に倒れるような失敗ができたので(笑)

                  自分としてはそこだけでもかなり大きな収穫でした!!

                   

                   

                  また、ウケない原因の一つに、

                  自分の大きな課題でもある「固さ」も、

                  深く関係している事にも気づきました。

                   

                  固ければ、自分の意図は相手には伝わらず、

                  寧ろその固さが伝わってしまう、

                  という事が改めて浮き彫りになった感じでした…。

                   

                  もっと相手の深い所に入れるように、

                  そしてもっと柔軟で深度のある芝居ができるよう、

                  今回の反省点を活かし、さらなるチャレンジをしていく中で

                  その感覚を必ずや掴みたいと思います!!

                   

                   

                  コメディでの感覚が掴めれば、

                  自分の役者としての実力は大いに伸びると感じています!

                   

                  なぜなら「笑い」には、

                  間や呼吸を読む能力や瞬発力、そして柔軟さが求められると

                  自分は思っているからです!

                   

                  シリアスの部分は、一つのある軸のような感覚ができてきました。

                  (勿論こちらもまだまだ育成中ではありますが…。)

                   

                  今は思いっきり振り子を振って、

                  今まで苦手意識から直面できずにいたコメディや笑いの部分に、

                  積極的にチャレンジしていきたいと思います!

                   

                   

                  今回の失敗でなんだか逆に吹っ切れたというか、

                  火がついたというか…悔しさも楽しめるようになったというか…

                  さらにお芝居が深く、濃く面白くなってきました!!!

                   

                  この成長のキッカケを下さったOさんには本当に感謝しております!

                  Oさん、ありがとうございます!!

                   

                   

                  今後も、コメディやお笑いに果敢にチャレンジしていく中で、

                  自分の弱点である固さを超えていけるよう、

                  しっかりと本質を紡いでいきたいと思います!

                   

                   

                  メダカズキ



                  メンバー活動日記【8月4日】

                  0

                    現在、セッションでも現場でも

                    ○○を扱っています。

                     

                     

                    今日のボイスセッションでもツインを組んで、

                    お互いに○○を使ってセリフを言う稽古をみっちりしました。

                     

                    焦っている。

                     

                    自分の現在の仕事の状況もですが、

                    セリフを喋る!!

                     

                    なんか焦る。

                     

                    力がつながる前にセリフが先に出てしまう。

                    これは自分が声優という立場から芝居に関わり始めたのも原因です。

                     

                    なにせマイク前でセリフを喋るので、

                    基本的に動くことはありません。

                    そのためどうしてもその場に居着いてしまいがちになる。

                     

                    これは自分だけでなく、

                    新人から中堅までの声優全般に言えることだと思います。

                     

                     

                    しかし実力のある声優はマイクまでも

                    動いている!!

                     

                    もちろん歩いたりしません。

                    実際に体を動かしたりする人もいますが

                    これは居着かないようにするためです。

                    自分は今ココです。

                     

                    実力のある声優は若手、ベテランにかかわらず

                    全く体は動かないのにセリフが激しく動く。

                    身体の中が動いているのです。

                     

                    これができる人に、現場で何度も目を奪われました。

                    そうなるために先ずは身体とセリフをつなげて、

                    しっかりとセリフに力を乗せられるように稽古する必要があります。

                     

                     

                    これが難しい!!

                     

                    焦るんです。

                    自分はセリフを喋る時

                    先ずセリフから出て、後から身体が付いてくる。

                     

                    そのため現場でも変な力みが入り、

                    思ったようにコントロールが利かなくなることがよくあります。

                     

                    終わった後、身体がバキバキになるんですよこれ。

                     

                     

                    今日のボイスセッションで自分のセリフの癖を

                    嫌という程感じさせられました。

                    ちくしょう。

                     

                    しかし上手くつながると本当にスムーズに力が伝わる。

                    ブレーキもアクセルもちゃんとコントロールができる。

                    無駄な力がなくなり力みが取れる。

                     

                     

                    良いことばかりですね。

                     

                    でも現場では焦る…ホント楽にいないと。

                     

                     

                    悪戦苦闘しましたが、時間があっという間に過ぎるセッションでした。

                     

                     

                    けん



                    メンバー活動日記【7月29日】

                    0

                      本日は新しいツインでの最初の本テスの日です。

                       


                      現在ボイスクラスで集中して稽古をしている◯◯を意識して行いました。
                      それを立ち芝居で動き回りながらやろうとするとこれが難しい。


                      元々自分の未熟な部分で台詞を喋っていると

                      呼吸がどんどん浮いてきてしまう傾向があるのですが、

                      ◯◯と呼吸がケンカし出してしまいます。

                      ここが本当に悔しいです。

                      感情的に台詞を喋ると呼吸が浮き、

                      それを抑えようとして◯◯を間違えた方向で意識しすぎて

                      腑抜けになってしまいました…。

                       


                      この自分の不器用さが悔しかったのですが、

                      来週の本番までにもっと◯◯を自分のものにして誤差を消し、

                      しっかりと魂を◯◯に乗せていこうと思います。

                       


                      しょこらてぃえ



                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座