☆26期生 生徒募集!!

0


    アクターズ・プレイ・ハウス
    26期生 生徒募集要項!


    アクターズ・プレイ・ハウス(以下APH)では、
    プロを本気で目指している方向けの各種カリキュラムをご用意しております。

    ボイスクラス・演技クラス・個人レッスン・通信コースなど、
    週1回のコースからご相談に応じております。

    著作権等があるため、プロ輩出実績は、体験レッスン時にご確認ください。

    詳細はこちらをご覧ください。

    https://aph-1.com/recurutement/



    メンバー活動日記【9月5日】

    0

      9月5日(土)はボイスセッションでした!

       

      世の中の状況も変わり、そこに順応して表現者として、

      どう対応していかば良いのか、何ができるのか、

      メンバーそれぞれに活動していることについての

      情報交換なども行われました。

       

      メンバーそれぞれが今できることですでに活躍されていたり、

      表現の場に向けて準備をされていたり…

      参考になることもたくさんあり、良い刺激をいただきました。

       

      ボディボイスの方も中級編に入り、

      今まで聴いたことのないこともたくさん出てきています。
      自分では気付けなかった目から鱗な宝物ばかりです。

       

      今できることを地道に積み上げて、

      その先にどんな景色を見ることができるのか。
      今の自分次第だなと、思いました。


      一瞬一瞬を大切に、取り組んでいきたいと思います!

       

       

      みぃ



      メンバー活動日記【8月30日】

      0

        個人の時代・お芝居について、それぞれあるポイントを教えて頂きました。

         

        ここでは詳しく書けないのですが、個人の時代だからこそ、

        きちんとどうすれば良いのかを考えて取り組まなければ生き残れないんだ!

        と改めて思いました。

         

        メンバーの、それぞれ取り組んでいることを、紹介していただいたのですが、

        個人の時代に入り、こんな事も出来るんだ!!

        と凄い事が起こりっぱなしです。

         

        先輩方の、制作した服やマイスタジオを実際に見せて頂いた時、

        私も欲しい・作ってみたい、と思いました。

        また、お話を聞くと、物凄く試行錯誤して作ったんだと言う事がひしひしと伝わってきました。

         

        お芝居の方では、台詞に対しての事と、バリエーションについてお話をして頂きました。

        全く考えもつかない事を教えて頂いています。

        特に、バリエーションに関しては、実際にやって見ると、少しですが変化が出てきました。

         

        台詞に関しては、今やっていることの両方を気にしたかったのに、

        一方だけになってしまっていていました。

        もう一方の方を手放してしまっているので、失敗をしてしまっている事に改めて気づきます。

         

        本テスの芝居では、私の台詞も音と感情のバランスが悪くなってしまいました。

        台詞の音に対して感情が足りないのです。逆もあり。

        芝居の相手の先輩に終始、助けられっぱなしです。

         

        前回よりは音に関しては改善出来ているとは思いますが、

        個人レッスンで出た時の音と比べるとまだまだです。

        悔しい事に、やればやろうとすると頭で直ぐに捉えてしまう悪い癖が出てしまいます。
        体がついていかない事があるととても悔しいです。
        一回で変化を示していけるようにしていきたいと思います。
        同じ失敗を繰り返したくないです。

        少しでも、音に対して感情がついて来るように稽古をし続けていきたいと思います。

         

        教えて頂いている事はとても盛り沢山ですが、

        一つ一つ丁寧に頭を取って稽古をし続けていきたいと思います。

         

         

        糖分



        メンバー活動日記【8月29日】

        0

          激動のこの時代、これからどう生きていくのか・・・


          今、APHのメンバーは、各々が、その人らしい、その人独自の活動を
          着々とスタートさせています。


          今日は、その中で成果を出し始めている数人のメンバーの話を
          シェアしていただきました。


          上手くいくものにはある共通した要素があって
          それはその人だからこそのものであって・・・
          そこに技と戦略が入った時に
          物事は前に進むんですよね。


          私も今、舵取りをするちょうど良いタイミングに来ています。


          以前から考えていてもなかなかやらずにいた事を
          言い訳せずに、具体的な行動に移す時です。


          ワクワクする方向に、進んでいきたいと思います。

           

           

          eco



          メンバー活動日記【8月23日】

          0

            お盆明け、重要なお話が盛り沢山のズームセッションでした。

             

            まさに!!今!!個人の時代です!!

             

            なんと、メンバーの自宅にスタジオが完成し、

            いつでも録音ができる環境が整ったのです。

             

            これは、すごいことです。

            試行錯誤しながら、調整に調整を重ね、やっと形になったのだそうです。

             

            早速、みんなで録音してみたのですが、とてもクリアな音で驚きました。

             

            実際に完成させたスタジオを見て、

            どこか絵空事だった「マイスタジオ」もリアルに感じることができ、

            私もスタジオを構えたいという思いが強くなりました。

             

            時代は変化し、これまでのシステムだけでは通用しなくなっています。

            私も個人事業主としての自覚をもって、動き始めているところですが、

            有難いことにナレーションのお仕事の依頼が前よりも増えています。

             

            チャンスがあふれているからこそ、質が求められるこの時代。

            きちんと、正しい技術を身に着けながら、

            目の前のことに、責任を持って今できることを丁寧にやりたいと思います。

             

             

            タナ商



            メンバー活動日記【8月22日】

            0

              APHでは珍しいお休みを挟んで、今回は対面での本テスでした!

               

              今までの流れだと、ZOOM→対面での撮影(本番)というパターンが多かったのですが

              今回は対面→ZOOM→対面を本テスとしてやったので、また違った発見などがありました。

               

              対面は、ZOOMよりもコミュニケーションが取りやすいので

              良くも悪くも楽なのです。

              こんな風に届いているな、こんな感じで来てくれるんだなというエネルギー交換をしやすい。

              でもその分、作った世界観の枠からはみ出さないように、きちんと収めてしまうので

              前回の対面のときは、少し物足りなさも感じたりしていました。

               

              そして、ZOOMで本テスを挟んでの今回。

              思い描いていた世界観にパーツとしてはめるのではなく、

              2人ともが分かっている着地点に向かって

              キャラクター同士のコミュニケーションで世界観を作っていくんだという感覚をもちました。

              その分、なんだか窮屈に感じていたものが広がった気がします。

               

              世界観を壊さないように台詞をしゃべるのではなくて

              コミュニケーションをとる中で、言い方やニュアンスも毎回少し変わっていく。

              そういうことが大事なんだなと思いました。

               

              今回やる台本は関西弁なので、標準語よりも楽なのですが、

              クリエイトするために楽をしてはいけないということを学んでいます。

               

              今週感じたことや発見を、次のZOOMでのお芝居や本番にも生かしたいですし

              お仕事にもつなげたいと思います。

               

               

              なづな

               



              メンバー活動日記【8月8日】

              0

                ボイスの中級編に入ってから、

                教わる内容がさらに他では聞けない事ばかりになりました。

                 

                図や言葉や実践で説明してもらい自分でもやってみる。

                それで頭ではやる事を理解したつもりでいます。

                しかし実際に家で一人でやっているとどんどん薄くなってしまいます。

                特に

                 

                力を抜く

                 

                これがとにかく難しい。

                今まである部分を使うためにその周りに力を入れて動かしていました。

                中級編に入って必要な所だけ使う稽古が始まり、

                言葉では理解していても実際には要らない所が力んでいました。

                 

                今日のセッションでも身体に支えになる部分を作り、

                それ以外は無駄に力を使わない状態する方法を教わりました。

                 

                どこをどう使ったら響く音が出るのか。

                自分が今まで行ってきた養成所・ワークショップではここまで詳しく説明してくれる所はありませんでした。

                 

                だいたい腹筋・背筋などの筋トレやって腹式で喋れ、です。

                筋トレやっても力の抜き方はわかりません。

                力みは強くなります。

                 

                現場ではぱっと見でも力んでいる人は新人ばかり。

                ベテランで変に力んでる人はまずいません。

                改めて本当の事を教えてくれる人はそうそういないのだと感じました。

                 

                自分は最近下腹あたりの力みが特に強いのがわかりました。

                そこから腰の力みにつながっていました。

                 

                これがかなり根深くて普段何もしてない時から力が入り固まっているのです。

                このせいでいつもポジションを上に押し上げてしまっていました。

                 

                重心も上がって下半身が使えない状態に、

                自分でしていたのです。

                もうクセになっていました。

                とにかくこの力みを取りたい。

                 

                力んで絞っている部分を緩めて、

                広げられるようにしたいところです。

                 

                 

                けん



                メンバー活動日記【8月2日】

                0

                  久しぶりの対面の芝居は緊張した。

                  画面越しじゃない生で会って芝居するのは、
                  普段は当たり前なのに特別な感じがする。


                  zoomを使ってやる時に

                  何か持ち込めるようにしたいと思ってたのに、

                  肝心なところで、

                  力入れちゃいけないところに力が入ってしまった。

                  胸周りは一番力が抜けてないきゃいけないのに、

                  怒りの芝居の時に思いっきり、

                  胸周りだけ締めて使ってしまった。


                  やってしまった。


                  よりにもよって最後のセリフなのに

                  そこで胸を閉めてしまったらいけない。

                  もっとベクトルを変えないと。


                  次のzoomでの芝居の時は胸を締めずに使えるように

                  稽古していきたいと思いました。

                   

                   

                  スパロボフ



                  メンバー活動日記【8月1日】

                  0

                    8月1日(土)、8月最初のセッションはみんなで久々に顔を合わせての稽古でした。

                     

                    オーディションでもリモートが増えてきているという中、

                    時代の変化に対応するべく、

                    APHの演技セッションでも

                    リモートの中でどうしたら勝ち抜いていけるのか

                    というところも様々な試みが行われています。

                     

                    今回は、リモートの時に扱っている題材で、

                    対面してのお芝居の稽古をしました。

                     

                    リモートの時には有効と思われたものが、

                    対面だと効果的に働かなかったり、

                     

                    その反面、本質としてどちらにも有効な技術ももちろんあるのだということを実感できたり、

                     

                    色んな収穫があったセッションでした。

                     

                    対面の時は対面での、リモートではリモートでの、

                    効果的な魅せ方というのはだいぶ変わってくるな

                    という印象でした。


                    それぞれの状況に対しても、

                    柔軟に対応し、面白がれる感性と、

                    本質に入っていく技術を深めていきたいと、

                    心新たにした、8月最初のセッションでした。
                    ありがとうございました!

                     

                     

                    みぃ



                    メンバー活動日記【7月26日】

                    0

                      本日は、演技クラス。

                      ZOOM上で、2人1組でお芝居をしていきました。


                      今回は、自分が脚本を選びました。

                      ある役者さんを研究したいと思い、
                      その方が出演されているTVドラマから脚本を取ってきました。


                      その役者さんを研究することで、
                      自分のキャラを深めていきたい、と考えていました。

                      そして、実際に、
                      ZOOM上でお芝居をしたのですが、
                      かなりたくさんの課題を残すことになってしまいました。


                      自分は、その役者さんの本質を
                      つかみ取ることができていませんでした…

                      その方独特の台詞、動き、雰囲気などを
                      もっと研究し、自分のものにできるようにしたいと思います。

                      稽古し、クオリティを上げていきたいです。


                      ZOOMでのお芝居にまだ慣れていない部分もあり、
                      そのことも課題に感じました。

                      ZOOMの中で、どのように演じていくか?

                      対面でのお芝居から変えていかないといけない部分も
                      当然ありますので、試行錯誤しながら、進めていきたいです。


                      今回の脚本に取り組む中で、
                      自分のキャラを深めていきたいです。

                      実力をつけ、役者として、
                      どんどん仕事をしていきたいと思います。

                       


                      OHA



                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座